2021年3月21日

同僚氏のPRレビューをするにあたって、ロギング、Exceptionハンドリングよくわかってないなって思って再入門してみた。 「@ExceptionHandlerのメソッドでハンドリングしたときのレスポンスをログ出力する」というのがPRの内容だった。

「1.どこでアクセス(リクエスト)ログを出力するのがよいのか」、「2.どうやってExceptionハンドリングが行われているのか」について調べたことをまとめる。

※本記事の環境はJava 11, Spring Boot 2.4.4

ロギング

公式ドキュメント

Spring Bootは、Commons Loggingを使ってログ出力をしている。デフォルト設定としては、Java Util LoggingLog4j2Logbackを提供している。

spring-boot-starter-loggingを依存関係に追加している場合は、Logbackが使われる。 spring-boot-starter-loggingには、Logback、Log4j、Slf4jが依存関係に追加されている。

ログのファイル出力

Spring Bootは、デフォルトでコンソールのみにだけログを出力してファイルには出力しない。ファイルに出力したい場合は、application.properties(yml)にlogging.file.pathでパスを指定するだけでよい。デフォルトのファイル名はspring.logなので、変更したい場合はlogging.file.nameでファイル名を指定する。

Logbackを使ったログ出力

howto-logginをそのままマネするだけで、Logbackを使ってログ出力が可能。

このように書けば、ファイルとコンソールにログを出力できる。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<configuration>
    <include resource="org/springframework/boot/logging/logback/defaults.xml"/>
    <include resource="org/springframework/boot/logging/logback/console-appender.xml" />
    <property name="LOG_FILE" value="${LOG_FILE:-${LOG_PATH/}spring.log}" />
    <include resource="org/springframework/boot/logging/logback/file-appender.xml" />
    <root level="INFO">
        <appender-ref ref="CONSOLE" />
        <appender-ref ref="FILE" />
    </root>
</configuration>

ログレベルで出力するファイルを分ける

logback-spring.xmlでfilter要素を指定すれば、出力ログのフィルタリングができる。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<configuration>
    <include resource="org/springframework/boot/logging/logback/defaults.xml"/>
    <!-- 標準出力はデフォルト -->
    <include resource="org/springframework/boot/logging/logback/console-appender.xml" />

    <property name="APPLICATION_LOG_FILE" value="${LOG_PATH}/application.log" />
    <appender name="FILE_INFO" class="ch.qos.logback.core.rolling.RollingFileAppender">
        <encoder>
            <pattern>${FILE_LOG_PATTERN}</pattern>
            <charset>${FILE_LOG_CHARSET}</charset>
        </encoder>
        <filter class="ch.qos.logback.classic.filter.LevelFilter">
            <level>INFO</level>
            <onMatch>ACCEPT</onMatch>
            <onMismatch>DENY</onMismatch>
        </filter>
        <file>${APPLICATION_LOG_FILE}</file>
        <rollingPolicy class="ch.qos.logback.core.rolling.SizeAndTimeBasedRollingPolicy">
            <fileNamePattern>${APPLICATION_LOG_FILE}.%d{yyyy-MM-dd}.%i.gz</fileNamePattern>
            <maxFileSize>10MB</maxFileSize>
        </rollingPolicy>
    </appender>

    <property name="ERROR_LOG_FILE" value="${LOG_PATH}/error.log" />
    <appender name="FILE_ERROR" class="ch.qos.logback.core.rolling.RollingFileAppender">
        <encoder>
            <pattern>${FILE_LOG_PATTERN}</pattern>
            <charset>${FILE_LOG_CHARSET}</charset>
        </encoder>
        <filter class="ch.qos.logback.classic.filter.LevelFilter">
            <level>ERROR</level>
            <onMatch>ACCEPT</onMatch>
            <onMismatch>DENY</onMismatch>
        </filter>
        <file>${ERROR_LOG_FILE}</file>
        <rollingPolicy class="ch.qos.logback.core.rolling.SizeAndTimeBasedRollingPolicy">
            <fileNamePattern>${ERROR_LOG_FILE}.%d{yyyy-MM-dd}.%i.gz</fileNamePattern>
            <maxFileSize>10MB</maxFileSize>
        </rollingPolicy>
    </appender>

    <root level="INFO">
        <appender-ref ref="CONSOLE" />
        <appender-ref ref="FILE_INFO" />
        <appender-ref ref="FILE_ERROR" />
    </root>
</configuration>

アクセスログの出力

Powered by Fruition