2021年3月14日

もっとちゃんとJavaのこと理解したいなと思って、Effective Javaを読んだ。

オブジェクトの生成と消滅

コンストラクタの代わりにstaticファクトリメソッドを検討する

多くのコンストラクタパラメータに直面したときはビルダーを検討する

テレスコーピング・コンストラクタ・パターンは、多くのパラメータがある場合、クライアントのコードを書くのが困難になり、可読性が落ちる。JavaBeansパターン(setter)は、生成過程の途中で不整合な状態にあるかもしれない。クラスを不変にする可能性を排除してしまう。 テレスコーピング・コンストラクタ・パターンの安全性とJavaBeansパターンの可読性を組み合わせたのがBuilderパターン。Builderパターンは、コードを書くのも読むのも容易になる。 Builderパターンの欠点は、「最初にビルダーを生成しないといけない」、「記述が長くなってしまう」。将来的にパラメータが増えそうなときは、最初からビルダーで始めるのがたいていよい。 ビルダーによるクライアントのコードは、テレスコーピング・コンストラクタ・パターンよりは読みやすく、JavaBeansバターンよりは安全。

privateコンストラクタかenum型でシングルトン特性を強制する

インターフェースを実装していない限り、シングルトンをモック実装で置き換えることが不可能なため、クラスをシングルトンにすると、クライアントのテストを困難にする。

シングルトンを保証し続けるには、すべてのインスタンスフィールドをtransientと宣言して、readResolveメソッドを提供しなければならない。そうしなければ、シリアライズされたインスタンスをデシリアライズするごとに、新たなインスタンスが生成されてしまう。

資源を直接結び付けるよりも依存性注入を選ぶ

多くのクラスが1つ以上の下層の資源に依存している。 クラスの複数のインスタンスをサポートして、それぞれのインスタンスでクライアントが望む資源を使えることが必要で、新しいインスタンスを生成するときにコンストラクタに資源を渡すことが単純な解決策になる。 依存性注入は柔軟性とテスト可能性を大幅に向上するが、普通に数千の依存を含むような大きなプロジェクトを撮り散らかす可能性があるが、依存性注入フレームワークを使えば取り除ける。

不必要なオブジェクトの生成を避ける

機能的に同じオブジェクトが必要な度に新たに生成するよりは、一つのオブジェクトを再利用する方が適切。オブジェクトが不変であれば、常に再利用できる。

使われなくなったオブジェクト参照を取り除く

ガベージコレクションを持つ言語は、オブジェクトを使い終えたときにそれが自動的に回収されることで、プログラマとしての仕事は楽になる。 スタックが大きくなってその後小さくなると、スタックから取り出されたオブジェクトはガベージコレクトされない。スタックはそれらのオブジェクトに対する使われなくなった参照を保持しているため。 クラスが独自のメモリを管理しているときは、プログラマはメモリリークに対して注意を払うべき。要素が解放されるときには、その要素に含まれたすべてのオブジェクト参照にnullを設定すべき。

ファイナライズとクリーナーを避ける

ファイナライザは予想不可能で、たいていは危険で、一般的には必要ない。

Powered by Fruition